Introduction

こちらの私設図書館「シン図書館」は隣で営業している建築設計事務所「シン設計室」が運営する私設図書館になります。私設図書館と銘打っておりますが、本を読まなくともお越しいただいて大丈夫です。なんとなくぼーっとしたいとか、ふわっとした感じでお越しください。

映画「パブリック 図書館の奇跡」ではホームレスのシェルターとして使われる図書館の姿が描かれています。図書館とは本を読む以外にも様々な使われ方がされる空間だと思います。

私は大学時代、大学の図書館に毎日のように通っていました。といっても毎回真面目に本を読んでいたわけでもなく、なんとなくまっすぐ家に帰るのもつまらないし、「図書館に居る」だけで勉強してるっぽく見られるし、暇つぶしにもなるし、課題もやれるし、昼寝もできるし、という感じで通っていました。

「今君何して居るの?」とわざわざ聞かれる必要のない場所、ひとまず「おそらく本を求めてここに居るんだろうな」とゆるい合意形成がなされて居られる場所というのは、なかなか貴重な空間だと思います。

私設ではありますが、懐の深さとしては街や大学にあるような図書館を目指したいと考えています。さらに詳しい私設図書館をつくる経緯をお知りになりたい方は、私設図書館をつくる際に実施したクラウドファンディングの文章を読んでいただけると、より詳しいことが書かれています。

この図書館で過ごす時間が、皆さんにとって気兼ねなく、愉快に、落ち着いて過ごせる時間であれば嬉しいです。

私設図書館「シン図書館」館長 高橋 真理奈